薄毛対策

当サイト厳選の薄毛対策おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ(CHAP UP)
チャップアップ(CHAP UP)

 

薄毛に悩む方に、非常に高い効果を期待出来る育毛剤です」をうたい文句にユーザーから絶大な支持を受ける育毛剤…それがチャップアップ(CHAP UP)です。

 

チャップアップの凄さは育毛を促進するだけではなく、同時に脱毛も予防してくれるところにあります。いくら育毛をしてもそれがすぐに抜けてしまっては意味がありません。

 

また、薄毛の原因である毛包周辺の血流低下による栄養不足にも効果が期待出来る成分が含まれています。この育毛と脱毛予防のダブル効果がチャップアップが絶大な支持を受ける要因となっています。

 

育毛剤をどれにしようか悩んでいる方はまずはチャップアップから試してみることをお勧めします!

 

プランテル
プランテル

 

最近頭髪がM字になってきた…とお悩みの方はコチラ!
なんとM字型専用の育毛剤があるんです!

 

その名も「プランテル」!M字は髪型でごまかせる分、薄毛の進行度合いが分かりにくいものでもあります。

 

久し振りに髪をかきあげてみたらものすごく深いM字になっていた…というのはよくあることです。そうなる前にこのプランテルをお試し下さい!育毛効果がある7種の自然由来の成分がどんどん浸透、しぐんぐん髪の毛を育みます!M字が原因で今まで短髪に出来なかった方もこちらでM字を解消出来れば更に髪型の幅も広がると思いますよ!

 

髪をかきあげてみてちょっとM字が気になるなぁと思ったら是非こちらのプランテルをお試しになってみて下さい!

 

世界が変わります!

 

ポリピュア
ポリピュア

 

全く新しい発想の育毛対策」…というキャッチコピーの育毛剤のポリピュアですが、どんなところが全く新しい発想なのでしょうか?

 

それは、人の生体内機能の研究において再生医療という分野があるのですが、その過程で偶然発見したバイオポリリン酸というものがポリピュア独自の成分となっています。

 

これは遺伝や年齢に関係のない育毛を目指す上で特に効果が期待出来る成分ということで今注目を集めている成分です。その成分が含まれたポリピュアはまさに次世代の育毛剤と言っても過言ではないかもしれません。

 

これまでは、育毛剤を使っても使う人によって得られる効果が違いましたが、なぜ人によって違うのか?どうして育毛を失敗するのか?…そんなことをテーマに作られている育毛剤、それがポリピュアなんです。

 

これまで色々な育毛剤を試した結果、効果が得られなかったという方は次世代の育毛剤ポリピュアをお試しになってみて下さい!

 

育毛剤WAKA
育毛剤WAKA(ワカ)

 

若くして薄毛に悩んでいる若年性脱毛症の方専用の育毛剤がコチラ!育毛剤WAKA(ワカ)です!

 

こちらは厚生労働省にも認可された脅威の育毛パワーを体感出来ます。そもそも若くして薄毛に悩まれている方は体のエネルギーが頭皮に行き届いていないか、もしくは何かに遮られていると考えると良いと思います。

 

その中で何をすれば頭皮にエネルギーが届き毛髪が活き活きとするのか…それを考えた育毛剤が育毛剤WAKAなんです!そして、育毛剤WAKAのもう一つの特徴としては「水で薄めていない」ということ。原液100%の漢方育毛剤が若年で薄毛に悩む方の頭皮にグングン染み込んでいきます!

 

薄毛に悩む若年層の方はまずはコチラ育毛剤WAKAをお試し下さい!

 

 

M-1育毛ミスト
M-1ミスト

 

世界が認めた発毛メカニズムを採用…それがM-1ミストです。というのも、世界46か国が参加した250の毛髪関連演題の中において最優秀賞を受賞!

 

しかもこれは、日本の民間企業においては史上初となる快挙だったのです。そんな、まさに世界が認めた育毛メカニズムがベースとなって作られている育毛剤がM-1ミストなんです。これまでの育毛剤と比較し、300%の発毛シグナル、更に頭皮環境へのダメージ0を実現しました。

 

また、ヘアサイクルにも着目し成長期、移行期、休止期と全ての時期において作用されることも研究でわかっています。とにかくテクニカルな育毛剤のM-1ミスト。育毛科学の結晶をこのM-1ミストで体感してみては如何でしょうか?

 

これまで様々な育毛剤を使い効果が得られなかったという方は、M-1ミストで最先端のアプローチを頭皮にしてみて下さい!

 

 

 

薄毛とは

薄毛とは

まずは薄毛の定義からお話ししたいと思います。何をもって薄毛というのかを説明することで、これをお読みの方が自分は薄毛なのかどうかがお分かり頂けると思います。

 

この定義に当てはまるようであれば当サイトがご紹介する育毛剤を使用する意味があるとも言えます。

 

 

では「薄毛とは」一体何のことを言うのでしょうか。

 

薄毛とは頭髪の量が減り地肌が見えてしまうことを言います。

 

ですから、単純に髪の毛が抜けて地肌が見えるものを薄毛というのではなく、髪の毛の本数は変わらないものの、髪の毛自体が補足なり地肌が見えているものも薄毛ということになります。

 

また、人間の毛髪は通常1日50〜100本程度は自然に脱毛していると考えられていますが、これが150本以上の抜け毛が続くようであれば、それは自然脱毛ではなく何かしらの要因がある病的な脱毛と言えるかもしれません。

 

この場合はここでいう薄毛とは違い、それを治療することで抜け毛がおさまると言えると思います。ここで言う薄毛は通常の生活において抜け毛が多くなったり髪の毛が細くなることを言います。

 

以上のことから、頭皮が見えるようになればそれは薄毛という定義に当てはまりますのでしっかりと対策をした方が良いと言えます。


薄毛の原因

薄毛の原因

そもそも薄毛とは何が原因で起こるのでしょうか。

 

髪はもともとなぜ人間の頭に生えているかご存知でしょうか?

 

髪型を整えてお洒落をする為に生えている訳ではありません。(現代においてはお洒落の要素の方が確かに強いですが…。)

 

頭髪本来の役割は、頭部を直射日光から守ったり、寒さや暑さなどから守る役割があります。他にも皮膚をむき出しにしないので頭皮を守る役割もありますね。つまり、そのような環境下に無い場合の生活では薄毛になってしまう原因の一つと言えると思います。

 

よく帽子やヘルメットを被っている人は薄毛になりやすいと言いますが、頭が蒸れて頭皮に悪いということの他にも今挙げたような原因もあると言われています。体が髪の毛は必要ないと判断すればその分髪の毛も退化してしまう場合もあるということですね。

 

他にはストレスで頭皮の血行が悪くなり抜け毛が多くなってしまう場合もあります。この場合は血行が悪くなることで育毛にも弊害を生んでしまう訳ですから、結果的に薄毛になってしまうということになります。

 

そして、遺伝の場合もあります。家系に薄毛が多い方は薄毛になってしまう可能性も高くなることが分かっています。実際、父親が薄毛で自分も薄毛という人は多く、逆に父親が薄毛でない場合は自分も薄毛ではないという人も多いです。

 

但し、これはあくまで遺伝でありますので100%そうなるということではありません。父親が薄毛でなくても色々な要因で薄毛になってしまう方も多くいらっしゃいます。まずこちらで理解して欲しいのは、髪の毛には役割があるということです。この段階で頭皮に対して負荷をかけていると思う節があれば、それはすぐに止めるか、もしくはなるべく不可をかけないようにしましょう。

 

そして、薄毛の原因には色々な説があります。
以下にいくつかの説を挙げてみました。

 

血行不良説
頭皮の血行が悪くなることで脱毛が促進し毛髪の成長も止まってしまうという説。

 

男性ホルモン説
髭や胸毛など体毛が濃い人が薄毛になりやすいという説。

 

皮脂説
いつも顔がテカテカしている感じの皮脂が多い方が薄毛になりやすいという説。

 

頭皮成長説
頭皮が成長することで、頭皮が突っ張り緊張が生まれます。それが原因で血行が悪くなり薄毛になってしまうという説。

 

他にも色々な説があるようですが、ここで分かることはとにかく血行は良くしておいた方が良さそうということが分かると思います。男性ホルモン説や皮脂説などはホルモンを抑えたり、頭皮を常に清潔にしておくことで防ぐことが出来ると思います。

 

但し、これを毎日行うとなるとなかなか大変ですよね。そういう意味では育毛剤というのはこれらを全て加味して作られているのでやはり手軽に育毛出来るアイテムと言えると思います。


髪の毛にはヘアサイクルという周期がある

髪の毛にはヘアサイクルという周期がある

髪の毛はいつも一定に生えている訳ではありません。人間にも成長期や減退期があるように、髪の毛にも周期があります。

 

それがヘアサイクルです。

 

ヘアサイクルとはどういうものかと言うと…「成長期」「移行期」「休止期の3つに分けることが出来ます。では、それぞれどのような活動をするのか見て参りましょう。

 

 

成長期
毛髪の生え始めから、毛髪の成長が止まるまでの間の2〜6年(通常)くらいの期間のことを言います。現在生えている毛髪の8〜9割はこれに当たります。

 

移行期
成長期から休止期になるまでのほんの少しの期間です。時間にすると約2週間程度くらいになります。期間も短いので現在生えている毛髪のほんの1%くらいの割合になります。

 

休止期
毛髪を支える毛根が退化し脱毛するまでの期間のことを言います。期間はおよそ3ヵ月程度です。割合は毛髪全体の約1割程度になります。

 

このように毛髪には周期があり、これをヘアサイクルと呼んでいます。


男性型脱毛症

男性型脱毛症

薄毛の原因として最も多い要因がこの「男性型脱毛症」です。

 

これは男性ホルモンが原因となり太く長い毛髪が伸びてこず、細く短い毛髪が伸びてくる傾向があります。

 

これを軟毛化と呼びます。

 

軟毛化は先ほど説明したヘアサイクルにおける成長期での時間が短縮され、毛根が小さくなってしまうことで起こってしまうと言われています。

 

この軟毛化は早い人では20代前半で起こってしまう人もいるようです。あなたの周りにも大学生の頃から頭皮がうっすら見えていたという人がいたかもしれません。それはもしかしたら軟毛化だったかもしれませんね。

 

また、男性型脱毛症の要因としては遺伝もありますが、それ以外にもストレスや食事なども要因として挙げられます。他にもストレスや生活習慣なども薄毛に大きく作用すると言われています。ちなみに軟毛化が進むことで髭や陰毛が濃くなるとも言われていますから、最近髭や陰毛が濃くなってきたと思われる方は軟毛化に注意した方が良いと言えると思います。

 

参照サイト:http://www.apcv2013.org/